写真×レコードジャケット、新しい形の写真公募展
PHOTOGRAPHY EXHIBITION "ROCK YOU"

PHOTOGRAPHY EXHIBITION ROCK YOU

ABOUT

ほとばしるミューシャンの汗や情熱、デザイン性、そしてそこに刻まれた音楽。
誰しも一度はかっこいいレコードジャケットに出会ったことがあるはず。
レコードジャケットに、あなたの写真を組み合わせて作った
オリジナル作品を展示する、新しい形の写真公募展を開催します。

誰しも音楽に胸を熱くした記憶があるはず。
それぞれの音楽と写真に込められた想いやストーリーを味わいながら
写真と音楽とあなたでROCK YOU ! しましょう!

田中長徳、中藤毅彦、大和田良、セイリー育緒と第一線で活躍する写真家も参加。
会期中にはゲスト写真家のトークや音楽が楽しめるイベントも開催予定です。

エントリーはメールで写真データを送信するだけで、気軽に楽しんで参加できます。
みなさまのエントリーをお待ちしています!

京都展[会場:galleryMain]

2017年2月15日(水)〜26日(日)13時〜19時半
※月曜火曜休廊 ※トークイベント中は展示閲覧のみは不可

東京展[会場:Gallery Niepce、Calotype Photo Works]

2017年3月4日(土)〜12日(日)13時〜19時(最終日は17時まで)
※東京展参加希望者はどちらの会場になるかは後日ご連絡します。
クロージングイベント・パーティー:2017年3月11日(土)17時〜

会場アクセス

EVENT

2017年2月18日(土)17時〜/会場:galleryMain

TALK

17時〜18時 入場料1000円(展示参加者は無料)。ゲスト写真家を迎え、写真とロックにまつわるトークショーを開催します。一線で活躍する写真家の話を直接聞ける絶好の機会です。

PARTY

18時〜19時 参加費1000円(展示参加者は無料)。トークショー後には会場内にて立食パーティーがあり、ゲスト写真家との交流もできます。自分の展示作品をレビューしてもらったり、直接様々な話を聞ける和やかな交流会。

MUSIC

会場内では100000tアローントコセレクトのレコードが流れ、レコード販売も行います。 レコードの魅力を十分に感じることができるオーディオセットも登場!

LIVE

パーティーのどこかで、ヴィックス&ベポラップによる即興スペシャルライブ! 10000tアローントコ店主の加地猛とセイリー育緒によるユニット。必聴です。

特典

展示作品の中から田中チョートク賞、中藤毅彦賞、大和田良賞、セイリー育緒賞が発表され、記念品がプレゼントされます。

第一線で活躍するゲスト写真家に作品を見てもらえるチャンスです

ENTRY

エントリー料:5,000円
参加方法はとっても簡単、写真データを2枚送信するだけです。
運営側にてプリントし、30cmスクエアのレコードジャケットに貼付けて仕上げて展示します。
(作品は自分で決めた価格で販売することができます)
まずは仮エントリーとして[entry@gallerymain.com]宛にご連絡ください。
返信メールにて詳細をご案内いたします。

・エントリー料5,000円は京都会場での展示料です。東京会場の展示には別途2,000円が必要です。(先着100名のみ)
・エントリー料5,000円は両会場でのトークショー、パーティー(フリードリンク&軽食付)無料参加チケット付きです。

(出展者以外の方もトーク1,000円、パーティー1,000円で参加できます。)

お申し込みの流れ

1)仮エントリーメールをお送りください
2)詳細をメールにて返信いたします
3)エントリー料を入金ください(直接支払いか銀行振込)
4)データ入稿
5)制作・展示

作品仕上がりイメージ

お送りいただいた2枚の写真をプリントし、レコードとジャケット部分に貼付けます。
データ作成については、下記の「写真データ規定」をご確認ください。

作品仕上がりイメージ
レコード用とジャケット用の2枚の写真をお送りください。

写真データ規定

・データについて、300mm×300mm、300dpiのスクエアのJPGデータを2枚送信下さい。
ジャケット用とレコード用の2枚が必要です。
※解像度不足の場合でも印刷できます。その場合は多少荒れたプリントのなる可能性があります。
・頂いたデータをインクジェットでプリントし、レコードに貼付けます。
・データにタイトル・アーティスト名・テキストなど文字入れしたものを作成いただいてもOKです。
・写真が貼られ完成したレコードに手書きでタイトル/アーティスト名/テキストなどの文字入れをしていただくことも可能です。
・データの作成や文字入れに不安がある人は完全お任せで運営側にて作成することも可能です。写真データを2枚送信し、お任せしますとお伝えください。
・プリント持ち込みも可能です。プリント2枚をご提出ください。そのプリントをレコードジャケットに貼付けます。糊で貼付けますので、万が一失敗する可能性があります。その事をご了承のうえプリントをご提出ください。
・レコードジャケットの台紙は基本的には選べません。写真と台紙がマッチするようにマッチングします。希望台紙の色柄などのイメージをお伝えいただければ、出来るだけ希望に添えるものを選ばせていただきます。
・レコードは実際にかけることは出来ると思われますが、試聴の可否に保証はありません。あくまでも写真の台紙として古いレコードを使用します。

SPECIAL INTERVIEW

田中 長徳
田中 長徳に聞く

今まで繰り返し聞き続け、これからも聞き続けるだろう特別なレコード1枚を教えてください
ウイーンに長年住んだのでロックは聞かない。ごすぺらーずのG10を飛行中の乱気流の時に聞くのが好きだがあれはロックじゃないよね。

直感的に即答してください。自分にとってRockとは何ですか?
数年前にベルリンのサマーフェスティバルに参加した。千人ほどが単に田舎町でビールの飲み競争するだけなのだがそのバックグラウンドはロンドンからギャラの安いロックシンガーのグループをよんでくるのである。ドイツ人にとってロックミュージックと言うのはビールを鯨飲するときのおつまみのようなものだ。

中藤毅彦
中藤毅彦に聞く

写真家として好きなレコードジャケットを3点教えてください。
ローリング・ストーンズ「メインストリートのならず者
ジョン・ゾーン「ネイキッドシティ
デビッド・ボウイ「ヒーローズ
(でも本当に好きなジャケットはキングクリムゾンの「クリムゾンキングの宮殿」)

今まで繰り返し聞き続け、これからも聞き続けるだろう特別なレコード1枚を教えてください
フリクション「軋轢」

直感的に即答してください。自分にとってRockとは何ですか?
音楽ではなく生き方の問題

大和田 良
大和田 良に聞く

写真家として好きなレコードジャケットを3点教えてください。
ジョン・コルトレーン「Trane’s Modes」、
パティ・スミス「Horses」、
マッドネス「One step beyond…

今まで繰り返し聞き続け、これからも聞き続けるだろう特別なレコード1枚を教えてください
オペレーション・アイヴィー「Energy」

直感的に即答してください。自分にとってRockとは何ですか?
生き様の問題

セイリー育緒
セイリー育緒に聞く

写真家として好きなレコードジャケットを3点教えてください。
ビル・エヴァンス「Undercurrent」、
ザ・クラッシュ「London Calling」、
トム・ウェイツ「Rain dogs

今まで繰り返し聞き続け、これからも聞き続けるだろう特別なレコード1枚を教えてください
ジョニ・ミッチェル「Blue」

直感的に即答してください。自分にとってRockとは何ですか?
挑発、奔放、頑固

企画・主催:FCR kyoto、galleryMain、PHOTO SQUARE
協力 : Gallery Niepce、CALOTYPE PHOTOWORKS、株式会社アスカネット、100000tアローントコ、night cruising